ネイティスピーカー

寝転がる子供

今や英語は世界の中心の言語となっています。そして英会話が出来ることが日本の中で価値のあることになっているのです。
そのため非常にたくさんの人が英語を習得したいと考えています。それではどのように学習していくことがスムーズな英会話の習得につながるのでしょうか。
英語を学習する際に大切になることは環境です。外国の方と話をすることができる環境、集中して勉強に打ち込める環境、日本語を使わずにコミュニケーションを取る環境などが学習に適しています。
しかし、その環境を普段から作り出すことは容易ではありません。確かに留学をすることが出来れば可能かもしれません。
ですが留学にはかなりの時間と費用が必要です。そこで、その環境を日本にいながら手に入れることが出来るのが英会話スクールです。
街を歩いていると様々なスクールがあります。そこでは外国の方と話が出来る環境が整っています。
スクールを活用することで英会話のスムーズな習得が近づいてくるのです。

日本には多くの英会話スクールが存在します。最近では外国の講師と1対1でコミュニケーションの練習が出来る所もたくさん出来てきています。
日本のスクールはどのような形式から変化してきたのでしょうか。初期の教室は文法を重視した英文の訳読を中心に教えていました。
学校で行われる英語の授業がイメージしやすいのではないかと思います。次に講師が英語で質問をしてそれに対して生徒が答える形が主流となっていきます。
そして、会話文の暗記暗唱やリスニング練習を含む授業形態へと変化していきます。この頃まではまだ講師が1人に対して生徒が20〜30人くらいのクラス形式です。
その後、クラスを10人前後にして講師と会話をしながら進めて行く形式が現れてきます。ここから生徒がもっと英語で会話したいというニーズに応えて、1クラスを3〜4人として人数を減らしたり1対1の形式で授業を進める教室が登場してきました。
英会話スクールはその時代のニーズに合わせて変化してきているのです。